自由設計の本当の相場は

>

本当にかかる費用の相場はいくら?

ほとんどの相場

では最初に、一般的な自由設計の相場を調べていきましょう。

比較対象として建売住宅の金額を出しておきます。
大半の建売住宅の相場がだいたい三千万単位だと言われています。
しかし、自由設計の場合は、その金額プラス一千万から二千万になると想定されています。

なぜこんなにかかってしまうのでしょう。
それが建売住宅と自由設計の違いです。

建売住宅はもうすでに建ててある家を売っています。
しかし、自由設計はどうしても一から始めないといけません。
土地を購入しないと始まらないし、もちろん家自体も最初から建てるということになります。
なので、その分の必要なお金がそれだけ増えていったということになります。
少し多めにお金を準備しておくといいでしょう。

少しでも安くするには

ここで皆さんに、自由設計の予算を少しでも抑えられる裏技をお話したいと思います。

まずは家の広さを見直してみましょう。
なぜなのかと言うと、実は一階建てにするより二階建てにすると同じ面積でも予算は抑えることが出来ます。
なので、特別な理由が無い限り二階建てにするのがオススメです。
もしくは総面積自体を減らすという手もあります。

また、派手な屋根にするよりも、シンプルでありきたりな屋根にした方が、かなりお安くなります。
門構えをなくすのもいい案でしょう。

家の中に目を向けると、間取りを細かく決めるより、オープンにした方が値段も低く抑えられます。
他にもさまざまな方法があるので、専門家に聞いてみるのもいいと思います。


Share