自由設計の本当の相場は

>

自由設計についてくる良さと悪さ

メリットはこれだ

ではまず最初に、メリットの方を取り上げてみようと思います。

一番大きなメリットはやはり、自分で好きなように家を設計出来るということですね。
それは最大の売りであり、魅力でもあります。

その次に大きいと言っても過言ではないメリットは、間取りは自由に出来るのに、いわゆる建売住宅との価格差があまりないということですね。
「それだったら自由設計にしよう」と鞍替えする人も現に多いです。
確かに、値段があまり変わらないなら自由に出来る方がいいですよね。

また、条件付きですが、希望の土地を相場通りで購入するというのも可能です。
もしそれ以外のケースを選んでしまった場合だと、だいたい1.3倍の値段になってしまうことがあり得ます。

逆にデメリットは

今度は逆にデメリットの方を見て行きましょう。

先ほど条件付きで土地を相場通りで購入が出来るとお話しましたが、そこにはある落とし穴があります。
それは販売期間が相当短くなっているということです。
その期間はだいたい1ヶ月、長くてもわずか2か月しかありません。

そのため、詳しい打ち合わせをする時間がほとんどありません。
しかも、もたもたしていたらその話自体が全くの白紙に戻ってしまいます。
つまりかなりのスピードで全てを決断して先に進めないといけないということです。

なので、じっくり考えて納得の家を建てたいという方には向いていない案件ですね。
逆に向いているのは、すでにプランが出来ていて、尚且つすぐに持ち家が欲しいという方だと思います。


Share